文具・文房具・事務用品・事務機器の総合サイト オフマガNEXT

お問い合わせ

オフィスマガジンonline

ホーム > オフマガ ニュース一覧 > コニカミノルタジャパン 東京都の施設38カ所に多言語通訳サービス「KOTOBAL」が導入

コニカミノルタジャパン 東京都の施設38カ所に多言語通訳サービス「KOTOBAL」が導入
2024年06月20日

コニカミノルタジャパン株式会社(以下 コニカミノルタジャパン)が販売する多言語通訳サービス「KOTOBAL(コトバル)」が、東京都の都有施設38カ所に6月14日から導入されました。

東京都では2025年に開催される2つの国際スポーツ大会を契機に、デジタル技術を活用し、「いつでも・どこでも・誰とでも」つながるインクルーシブな街・東京の実現に向けた取り組みが進められています。今回、その取り組みの一環として、KOTOBALと透明ディスプレイが導入され、受付窓口業務において障がいのあるなしや、言語の壁を越えた円滑なコミュニケーションを構築しました。

導入先については、東京都の報道発表資料をご覧ください。


東京都庁の受付窓口で利用
コニカミノルタジャパンは、2020年からKOTOBALの提供を開始し、行政機関や自治体の受付窓口で外国人や聴覚障がい者とのコミュニケーションをサポートしてまいりました。KOTOBALは、AIによる機械通訳と24時間365日、オペレーターによるビデオ通訳※で最大32カ国の言語に対応した外国語通訳と音声筆談を、タブレット1台で実現するサービスです。会話の内容をリアルタイムで文字に変換し、透明ディスプレイ(別売)に投影することで、相手の表情を見ながら文字起こしされた翻訳を読むことができ、よりスムーズな意思疎通を可能にします。

コニカミノルタジャパンは、今後もKOTOBALを通じて、お客様とのコミュニケーションの課題を解決し、新たな価値創出を支援してまいります。

【KOTOBALの対応可能言語一覧】

英語・中国語・韓国語・ブラジルポルトガル語・スペイン語・ベトナム語・タイ語・タガログ語ネパール語・インドネシア語・ロシア語・ヒンディー語・シンハラ語・フランス語・ミャンマー語アラビア語・イタリア語・ウルドゥ語・オランダ語・クメール語・デンマーク語・ドイツ語・トルコ語・ハンガリー語・ポーランド語・ポルトガル語・マレー語・モンゴル語・ラーオ語・ウクライナ語・ベンガル語・音声筆談

※ ビデオ通訳はプランにより12〜20言語に対応。英語・中国語・韓国語・ブラジルポルトガル語・スペイン語の5言語が24時間365日に対応

・KOTOBAL製品サイト:https://kotobal.konicaminolta.jp/

■東京都報道発表資料(2024年6月6日)

https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2024/06/06/15.html

【お客様のお問い合わせ先】

KOTOBALお問い合わせ窓口 TEL 050-3188-1086

https://kotobal.konicaminolta.jp/inquiry

 

東京都庁の受付窓口で利用
東京都庁の受付窓口で利用